1988年、角松敏生が当時18才だった中山美穂に書き下ろした曲。 後に角松自身もセルフカバー。
スポンサーサイト